hiww_備忘録

Anime, CTF

Office365の導入・機能の紹介等のメモ(まとめ) [随時追記]

Office365の導入・機能の紹介メモ(まとめ)

1. Office365とは

現代の働き方に最適なツールを集めたクラウドベースのサブスクリプションサービスです。

Microsoft Office365 Product Page

 

ExcelOutlook などのアプリに加えて、OneDrive や Microsoft Teams などのクラウドサービスも利用できる Office 365 ならば、場所や使うデバイスを問わず誰もが創造性を発揮し、情報を共有することができます。

Source: Microsoft Office - 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア


2. 料金体系について

その前に、「Office365≒最新のOfficeが常に使える」 を実現する為に必要な事を述べます。

Q.(質問)
個人(ユーザー)が常に最新のOffice(インストールして使う方)を使うにはどうしたら良いか。

A.(回答)

Office 365のsubscription(サブスクリプション)を契約する。
(一部対象外プランあり)

OR(または、)

Officeプレインストール製品
(Office Personal Premium or Office Home & Business Premium or Office Professional Premium)
が同梱されたOffice搭載済みPCを購入する。

 
また、Office 365の契約プラン(subscription)は、複数あり、様々なプランがある。

個人(Office 365 Solo)
 - 税別¥12,744 (1 年間、月額契約も可(税別¥1,274))

法人、企業、団体、組織等
(Office 365 (Business, Business Premium, Business Essentials, ProPlus, Enterprise E1, E3, E5, Education A1, A3, A5, Nonprofit Business Essentials,Premium, Nonprofit, F1 etc...) )

 - 価格は様々で、無料(0円~) (基本、年単位で契約・購入)

 

Microsoft社の Office 365の契約は、
個人だと公式サイトや既存のアカウント設定からOffice 365 Solo 等の契約が可能。

Office 365 Business 等のビジネス向けの契約は、
個人は、お名前.com 様などから契約すると、安くて即Office365を利用可能。
独自ドメインのメールアドレス運用にも活用できます。

独自ドメインのメールアドレス運用のみ (Office365 Exchange Online) の契約も可能。
お名前.comだと、月単位の契約も可能で、月額440円から。)

www.onamae-server.com

www.onamae-server.com

 

3. できること、強み

Microsoft Office - 家庭やビジネスで活用できるソフトウェア

 - グループウェアSkype会議などを目的として契約することもできる。
 - 最新のOfficeを使いたい人やOneDriveの容量を1TB〜にできる。

 - 一時的にインストールタイプのOfficeを契約し、利用することもできる。
 - お財布(予算)に応じた契約が可能。
 - セキュリティ対策もお金で段階的により強化可能。(SLAも)
 - Microsoft Forms と呼ばれる入力フォーム機能なども利用可能で、Microsoft Flowなどと組み合わせて色々連携できたりします。

 - 契約によっては、Skypeで60分間無料通話が貰えて、意外とお得。

Skype 毎月 60 分無料世界通話のご利用方法 - Microsoft Office


・↓大学生や教育機関等に属する方↓


既にOffice 365 Education や Office 365 ProPlus を契約していることが多いので、
是非一度学生の内にOffice365を利用してみることをお勧めします。

教育機関向け Office 365 のプランを比較する

Office 365 Education - 教育機関向けの Office


Office365 Educationのセルフサインアップページは上記URLから可能です。

4. 連携等(Windows 10 (1803等))

 WIndows 10 1803 April 2018 Update でタイムライン(Timeline)という機能が実装されました。これにもOffice365アカウントを活用することができるみたいです。

www.youtube.com


その他にも、OneDriveはWindows 10に標準搭載されており、連携がしやすいです。


参考リンク等:

support.office.com

flow.microsoft.com

www.youtube.com
www.microsoft.com
随時、情報を追記していきたいと思います。
気軽に質問やコメント等、お待ちしております。